----------------------------------------------------------------------
■top ■photo ■illustration ■diary ■episode ■bbs ■link ■about me
----------------------------------------------------------------------
■column
管理人の出すテキトーなテーマにマサドーナが何故か「10分で書く!」と言うコラム。毎週1回更新です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第7回テーマ:「優しさ」 ライター:マサドーナ

イラスト:マサドーナ


ひさしぶりぶり〜!マサドー・ポッター〜コラムの囚人です。

バファリンの半分は優しさでできています。
鎮痛剤というのは、服用すると主成分の「アスピリン」がね、胃の粘膜に貼りついて
溶けていくため、アスピリンの刺激で胃が荒れることがあるよね。

 そこで、「バファリン」は、アスピリンに「ダイアルミネート」という制酸剤を加えて、
胃粘膜への刺激が少なく、アスピリンが速やかに溶けるように工夫したのだ。
バファリンを創った人って素晴らしいね。優しいね。賢いね。
賢い力を優しさに使える人って素晴らしいと思う。
僕もバファリンみたいな人になりたいな〜。

マサドーナの半分は優しさでできています。

なんて人から言われたらええですね〜。
僕はこう見えても、争いごとが嫌いなんです。
優しい人が好きだし、ほのぼのとしたいのです。

でもこの前、同い年くらいの下パジャマ上裸のマンションの隣の隣の人に
なんのこっちゃわからん理由で切れられて喧嘩しましたが・・・
ほんまに腹が立ちました。ヘソでお茶わかせるんちゃうかと思いました。

ほんま魔法かけたろか!
エクスペクトル・ストロ〜ナ〜ム!!
ほなまた。

マエムラ:マエムラの半分はガッツで出来ています。(石松じゃないよ)

いやぁ、久しぶりですね、マサドーナ。まだ書く気があった事に驚きました・笑
そして今回のコラム、みじかっ!いいんだけれどね…。ありがとう忙しいのに。
期待どおりの内容で嬉しいです。優しさとはなんぞな?アンサーイズバファリン1/2ですか。
私も優しい人が好きです。そして基本的に大人の人はだいたい優しい。
今どき、優しくない大人ってあまりいないんじゃないでしょうか。

だけど、知り合いにこんなことを言う人がいます。
「僕は人の事ばかりに一生懸命になって、自分の事を後回しにしちゃうから損なんだよね」

へー。
…それ以上コメントが出ませんでした。


次回テーマは
刺激」です。お楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第6回テーマ:「世界平和」 ライター:マサドーナ
イラスト:マサドーナ

DEAR諸君。元気ですか?僕は元気です。最近、寒くなってきましたね〜。寒いのは嫌ですね〜。
12月でこんな寒かったら、6月なったらどんなけ寒くなるんでしょうか?え?間違ってる?
ところで、今回のテーマは『世界平和』・・・。
色々と、怖いことがおこってる世の中です。みんな、平和に幸せに暮せる世の中にならないものでしょうか?
今回は、この前の「大人達」の時にあげたデンマーク代表選手のトマソンの話をしようと思う。
トマソンのような人ばっかりやと世界は平和になるでしょうね。
---------------------------------------------------------------------
トマソン、彼の優しき一面を語りたい。
それは日韓ワールドカップの際のある握手会でのことである。
デンマークというチームは練習を公開し、和歌山県民との交流を積極的に行った。
練習後は地元サッカー少年たちとミニサッカーを行い、握手会、サイン会もたびたび行った。
そのひとコマの話である。

いつものごとくサイン会が行われた。気さくなデンマークの選手たちを県民も大好きになった
あの日もデンマーク選手たちのサインを求め長蛇の列が出来上がっていた。
気軽にサインをするデンマーク選手たちもちろんトマソンもその中にいた。その最中のことである。

トマソンの前にある少年が立った彼はトマソンの前に立ちつつも・・・少しモジモジしていた。
後ろに立っていた母親らしき人が彼を促す「ほら!早くしなさい!」
トマソンも少し「変だな」と思ったのでしょう、通訳を通じ「どうしたの?」と彼に聞いた。
意を決した少年はポケットから一枚の紙切れを出し、トマソン選手に渡した。
それは学校の英語の先生に書いてもらったものだという英語で、こう書いてあった
「ボクは小さいころに、病気にかかって口と耳が不自由です・・・耳は聞こえません、話せません・・・
だけどサッカーだけはずっと見てきました、大好きです。
サンド選手とトマソン選手が好きです。頑張ってください」と・・・

その手紙に通訳も・・・その場にいた我々記者も驚いた。言葉が出なかった。
だが、トマソン選手はニッコリと微笑み少年に「それなら君は手話はできますか?」と
手話で語りかけたその『言葉』に驚く少年と母親。
再度聞くトマソン・・・「手話はわかりませんか?」それを見ていた人がトマソンに英語で言った
「ミスタートマソン、手話は言語と同じで各国で違うんですよ」
手話を万国共通と思う人が多いのだが国によって違う、ましてや日本国内でも地方によって違う。
「そうだったのか・・・」という顔をしたトマソン。そして彼は通訳にこう言った。
「ボクは彼と紙で、文字を通して話をしたいのですが手伝ってください」
微笑んで「わかりました」と答える通訳。
トマソンは「後ろの人たちにも彼と話す時間をボクにくださいと言っておいてくだ さ い」と言った。
後ろで順番を待つ人たちは何も文句を言わなかった・・・一言も文句を言わなかった 。

彼らに「2人の時間」をあげたいと他の人たちも思ったのでしょう
そして通訳を介し、少年とトマソンの『会話』が始まった。

「君はサッカーが好きですか?」「はい。大好きです」
「そうですか。デンマークを応援してくださいね」「はい。あの聞いていいですか」
「いいですよ。何でも聞いてください」
「トマソン選手はどうして手話ができるんですか?正直、ビックリしました」
この少年の質問に彼は答える「ボクにも君と同じ試練を持っている姉がいます。
その彼女のためにボクは手話を覚えたんですよ」

その彼の言葉をじっくりと読む少年。そしてトマソンは少年に言った。
「君の試練はあなたにとって辛いことだと思いますが君と同じようにあなたの家族も、
その試練を共有しています君は一人ぼっちじゃないという事を理解していますか?」
この言葉に黙ってうなずく少年。
「わかっているなら、オーケー!誰にも辛いことはあります。君にもボクにも。
そして君のお母さんにも辛いことはあるのです。それを乗り越える勇気を持ってください」
とトマソンは言った。このやり取りに涙が止まらない母親
この光景を見ていた我々記者も涙した。
その場にいた人たち、その2人を見ていた人たちも涙した。

そして、トマソンは最後に少年にこう言った
「ボクは今大会で1点は必ず獲りますその姿を見て、
君がこれからの人生を頑張れるようにボクは祈っておきます」
この言葉に・・・この少年は初めて笑顔を浮かべた
「はい!応援しますから、頑張ってください」と少年
そして、サインをもらい、その場をあとにする少年と母親

母親は目に涙を浮かべて言った。
「あんなことされたらデンマークを応援しないわけにはいかないですよ
日本と試合することになっても、私らはデンマークを応援しますよ」
涙を流し、笑いながら言った・・・・
そして、このトマソン・・・少年との約束を守り、得点を決めた
1点どころか、彼は4得点という大活躍だった。

デンマークお疲れさま!会なるものが宿泊先のホテルによって仕切られた
そこに駆けつける多数の県民。会場にはあふれんばかりの県民が駆けつけた
その催しに「ありがたいことだ」と言ったオルセン監督。もちろん選手たちも全員出席した。
そこでトマソンは見つけた・・・『あの少年』を見つけた。
少年と母親の元に、通訳を携え近寄るトマソン。トマソンの姿に気づいた母親は頭を下げる
少年はトマソンへ笑顔を向ける。
「せっかく応援してくれたのに負けてゴメンね」
と『紙』で語りかけた。これに少年は答える
「お疲れ様でした。負けたけどカッコよかったです
それに約束どおり点獲ってくれたからボクは嬉しかったです」と・・・・
「ありがとう」と言うトマソン。そして、この少年にトマソンは言った

「ボクから君に言える言葉はこれが最後です。よく聞いてください」
「はい」
「君には前にも言ったとおり、試練が与えられているそれは神様が決めたことであり、
今からは変えられない。ボクが言いたいことわかりますか?」
「はい」
「神様は君に試練を与えたけど、君にも必ずゴールを決めるチャンスを神様はくれるはずです・・・
そのチャンスを君は逃さず、ちゃんとゴールを決めてください」とトマソンは言った
この言葉に少年は笑顔満面の顔でトマソンに「はい」と言った
そして2人は・・・「さようなら」「頑張って」
という言葉を残し別れを告げた。最後に2人は仲良く写真におさまった
飛びっきりの笑顔を浮かべファインダーにおさまる2人。この写真は少年の宝物になることだろう

トマソンに出会ったことによって少年は『前へ進む』に違いない・・・
小さな少年、心優しきトマソンにこれからも栄光あれ。。。
--------------------------------------------------------------------------------------
ちょっち長くなったけど、あくせく部屋の住人達に
こんな人もいるんだよと言うことを知ってもらいたかったのです。
それにしてもトマソンって凄い人やね。医者でありあの名探偵ホームズの良き相棒でありって
それはワトソンやないかいっ!チャンチャン!

マエムラ:だんだんとイラストの手を抜きだした様です。いいんだけど。。。
とてもええ話ですね。何故か私はトマソンが後ろの人に「時間を下さい」と言った所に、彼の人間性を見た気がしました。
ゴールを決めるチャンス。それは誰にでもあるはず。そしてそれに気付くことがまず一歩だと思う。
体の不自由でも、環境でも、色々なカタチで試練はある。だけどそれは自分を諦める理由にはならない。したくない。
この少年はきっと、これからの人生、自分を被害者にしたりせず、強い意志を持って歩くのだろうな。
皆さんの思う「ミスター世界平和」はどんな人ですか?・・・感想はBBSまで☆(12/11up)


次回テーマは「優しさ」です。お楽しみに!
コラム第1回から第5回はこちら
----------------------------------------------------------------------
■column
----------------------------------------------------------------------
このサイトにあるすべての画像は管理人に著作権があります。
ご利用になりたい方は管理人までメールでご連絡下さい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO